お金は貯まーる! お金は貯まーる!TOP貯めるための節約・倹約節約は目標があれば続きやすい



節約は目標があれば続きやすい


節約には目標を


節約というのはやってすぐ終わりでなく、
毎日の積み重ねでその成果がお金というカタチで残っていくものです。


1日やって終わりというものではないので、どれだけ続くか?
ということが非常に重要になってきます。

節約を始めるのはとても簡単ですが、続けるのはとても難しいものです。

ただ漠然と節約を始めてもきっとつまらなくなり、やりがいも感じられなくなり
節約生活はさようなら〜。となってしまう可能性が高いです。

そんななか節約を続けるのには目標が大切だと思います。


たとえば、「来年までに○○万円貯める!」とか「○○が欲しい!」というような
具体的な目標があれば、1つ1つの節約に成果が感じられるようになり、
節約生活の全体的な向上を図ることができます。




具体的な目標が決まったら


それではあなたの具体的な目標が決まった(決まっている)としましょう。
しかしそれだけではまだ弱いです。

あなたの目標が決まったらその具体的な内容を紙に書きましょう。
そうすることでより目標に対する意思が強くなり、常にその目標を見据えることができ、
節約に対する意識も強まります。


書くこと自体にも強い意味がありますが、それがいつも自分の見る場所に
置いてあると一層効果は高まります。


ネットを見ていてなんだか無性に欲しい商品を見つけてしまったとき、
いつもだったら衝動買いしてしまうかもしれないけど、ディスプレイの横に
お金を貯める目標を書いたメモがあればどうでしょうか?


そのときをグッとこらえて出費を防ぐことができたり、その品物が本当に
自分にとって大切なものか改めて考え直させてくれるかもしれません。



紙に目標を書くということは節約・倹約を持続させる意味がある重要なステップです。
本当に節約してお金を貯めたいのなら、今すぐにでも書くことです。

それが最初の行動にもなります。



目標+計画+行動=達成


目標も決まった。しっかり紙に書いた。やる気も十分。
でももう1つ、それは計画です。

「目標があるんだから計画はいらないんじゃないの?」
なんて思うかもしれませんが、たとえば「目標貯金1000万円」だとしましょう。

この場合あまりにも目標が大きすぎる、遠すぎるので
人によっては途中で節約生活などが辛くなり、達成意欲を失ってしまうかもしれません。


目標によっては始めてからは長い長いレースです。
思わぬカーブや誘惑が待っています。
それらにしっかり対抗するべく、「計画」という名の盾を装備してレースに臨みましょう!


お金を貯める計画はだいたい1ヶ月〜3ヶ月単位で立てるといいでしょう。

収入が毎月10万円しかないのに、「3ヶ月で30万円貯める!」なんて不可能ですし、
それだと計画を立てる意味がありません。

「今月は10万円貯める!」とか「3ヶ月後には20万円の貯金!」
というように自分の収入や支出に合わせて、毎月の予定が実現できるくらいの
レベルで計画を立てましょう。







お金は貯まーる!TOPへ貯めるための節約・倹約


CGI

[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]