お金は貯まーる! お金は貯まーる!TOPパソコンをもっと便利に初期設定と使い方

導入編<<初期設定と使い方<<無料で使いつくす!<<有料版のススメ


簡単ログイン!RoboForm!
〜初期設定と使い方〜



RoboFormの初期設定を解説!

RoboFormを導入してそのまま使っていっても問題ないのですが、
ここではロックがRoboFormを使い始めた人にオススメの初期設定のやり方を説明していきます。

まずはあなたのブラウザを起動してRoboFormのツールバーがあるか確認してください。
ツールバーの確認ができたらをクリックしてください。

緑のパソコンのアイコンのところをクリックするとメニューが下に表示されます。オプションをクリックしてください。
RoboFormのタブをクリックしたら上の画像のようにいくつかのメニューが出てきます。
そこで「 オプション 」をクリックします。


このようにチェックを入れておけば大丈夫だと思います。
すると上のようなウィンドウが表示されます。
【Web(HTML)フォーム】 は自動保存するにチェック。
【ブラウザの認証ダイアログ(基本認証)】 にはどちらもチェック。
【ツールバーの次のボタンをクリックすると記入と実行を行う】 というところにはログイン帳のみチェックを。

また下にある
【Windows起動時にRoboFormアイコンをタスクバーに表示する(T)】
というところのチェックは外さない方がいいです。

タブブラウザを使っている人はこのチェックを外すとロボフォームのツールバーが出てこなくなってしまいます。

なんだかよくわからない人は上の画像と同じようにチェックしておきましょう。


この設定はRoboFormがパスやIDを覚えていないサイトに初めてログインするとき、
RoboFormにIDなどを覚えさせる自動ポップアップウィンドウがでる設定と、
ツールバーのログイン帳を押すと自動でRoboFormがサイトのIDなどを入力し、
ログインボタンまで押してくれるようにするための設定です。

(RoboFormはフォーム記入するだけの機能と、
フォームを記入してログインまでしてくる機能があり、それを選ぶことができるのです)



さっそくログイン!

この設定が終わったらさっそくRoboFormに
サイトのログインIDとパスワードを覚えさせて、実際にログインしてみましょう!

まぁログインするサイトはなんでもいいのですが、
ここでは毎日ログインしてクリックで1000円分のポイントが当たるコンテンツもある
ポイントスタジアムを例にログインしてみましょう。

ポイントスタジアム


ポイントスタジアムの画面です。まずは普通にログインしてみてください。
↑クリックで拡大表示します。
まずはいつものようにメールアドレスとパスワードを記入してログインボタンを押しましょう!

すると・・・・・・。


この画面は自動保存画面です。サイト名を入力して保存を押しましょう。
このような【ログイン帳自動保存】というポップアップウィンドウが出てきます。
サイト名を入力(ここでは仮に「 ポイントスタジアム 」と入力)して、
「 保存 」のボタンをクリックしてRoboFormに保存させましょう!

これでRoboFormはこれからポイントスタジアムのログインをボタン1つでしてくれます。

せっかくログインしたばかりですが、試してみるためにログアウトしてください。

そして今度はRoboFormを使ってログインしてみましょう!

さきほど保存したサイト名がでてきてます。そこをクリックするだけでRoboFormがログインしてくれます。
RoboFormツールバーの自分の名前の左側にさきほど入力したサイト名があると思います。
それをクリックしましょう!それだけでRoboFormはログインしてくれます。

また、RoboFormに覚えさせたパスワードやIDなどはいつでも編集することができます。


保存したIDやパスワードなどの編集

プロフィールや各サイトの情報はいつでも編集・確認ができます。
自分が編集・確認したいツールバーの部分にマウスを乗っけてみましょう。
すると・・・。



このような小さいウィンドウみたいなものがでるので、「 編集 」というところを
クリックしましょう。



編集のボタンを押すとこのようなポップアップウィンドウがでてきます。
この画面でIDやパスワードなどを確認することができます。

もし変更したのならフロッピーディスクのアイコンをクリックして保存しましょう。
確認するだけならそのままウィンドウを閉じても問題ありません。


また、プロフィールの編集も同じようにできます。
(最初の設定では項目のなかった銀行口座の設定や会社の設定などもできます!)

ここまでできたら後はいつものようにいろんなサイトにログインして
RoboFormにどんどんパスワードなど覚えさせていきましょう!

懸賞もプロフィールボタンを押すことでRoboFormが住所など記入してくれますよ。

また、タブブラウザ(SleipnirやunDonutなど)を使っている人は
RoboFormのツールバーは下にでます。


試用期間後の制限


RoboFormは30日の試用期間が過ぎると、
ログイン帳は10個、プロフィールは2つまでの制限がかかってしまいます。

有料版(税込み3675円)にアップグレードすれば、すべての制限が解除されますが、
やはりお金は出したくないと思います。

そこで試用期間を過ぎてしまったRoboFormでも
10サイト以上も簡単にログインできる方法を紹介します。

それは・・・。



RoboFormを無料で使いつくす!


お金は貯まーる!TOPへパソコンをもっと便利に


導入編<<初期設定と使い方<<無料で使いつくす!<<有料版のススメ


[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]