お金は貯まーる! HOMEお金に対する考え方100円の絶対的価値観?


100円の絶対的価値観?


100円の価値は人によっていろいろです。

じゃあ
100円の価値は財布の金額の少なさに比例する。
ってことわかりますか?

図に表してみると簡単です。
100円の価値を表した画像

このように100円の価値は財布の金額に応じて低くなっていきます。

ではこれがどういうことなのか説明します。

今あなたは街にいて、散歩をしています。
ここでノドが渇いてきました。
※今本当にノドが渇いているとGOODです!

周りにはコンビニや自動販売機があります。
※今周りに自販機やコンビニがあればさらにGOODです!

ここで財布の中をのぞいてみました。
財布に8869円あるのをイメージしてください。

お札がたくさんあり、小銭入れはジャラジャラしてます。

それ見るとジュースやお茶を買うくらい
何のためらいもない気がしませんか?

「財布にたくさんお金があるんだから
100円くらい使うのはたいしたことない。」

そんな考えからお金を使ってしましまいます。


ではここで極端に財布の中身を変えて比較してみましょう。

イメージしてください。
財布には162円しかありません。財布はとても寂しそう。

その様子を見るとジュースやお茶を買うくらい
何のためらいもない気がしませんか?



いやいや、

滅茶苦茶ためらいますから!!


きっとジュースやお茶くらい我慢して家に帰って飲もうとか、
安売りのスーパーとか探して買って飲もうとかするはずです。


同じ100円なのに財布の中が豊かなだけで
どうしてこうも簡単に価値の差が出てしまうのでしょう?


それは8000円の中の100円と、150円の中の100円にそれぞれ
『相対的価値』があるからです。


『相対的価値?』なんて思うかもしれませんが、
これを読んでいる誰もが感覚的にはわかっていることだと思います。

8000円の中の100円は100/8000=1/80
150円の中の100は100/150=2/3です。


100円が財布の中をどれくらい占めてるか違うわけですから
当然100円の価値も違ってきます。しかしこれは無意識に感じることが多いです。


しかし100円ってやっぱり100円なんです。
個人によって100円ってどのくらい重要なのかは違いますけど、
財布の中が豊かであろうと寂しかろうと100円は100円です。


もし、お金を使うときに財布の中の金額が少ないと
常に仮定して使えば、無駄にお金を使うことが減るのではないでしょうか?

常に150円しかない内の100円だと思って100円を使うのなら
それは節約の心を養うと共に、あなたの中で100円の絶対的価値を得ることになります。


そこまでくればもう無駄な出費は激減し、
お金の貯まる生活になっていくと思います。


お金はすぐには貯まりません。
でも、お金は貯まります。日々の生活が貯蓄につながっています。

お金が貯まるか貯まらないか、それはあなた次第です。




1クリック1円論〜1円なんて・・・〜


お金は貯まーる!TOPへお金に対する考え方


CGI


[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]