お金は貯まーる! お金は貯まーる!TOPホームページで貯めるブログの構成を知っておこう

ホームページで貯めるとは?どんなホームページにする?ホームページ作成方法解説
ブログを利用してホームページ!ブログの構成を知っておこう初めてのFC2ブログ 初級編
アフィリエイトをする前にアフィリエイトのメリット・デメリット



ブログの構成を知っておこう


まずはブログの構成を知ろう!

ブログのページ構成のことを学習しておきましょう。

これを知っておくと作成したブログのページを整理しやすく、
他のブログを見るときに的確に見ることができ、
それと同時にそのブログで自分が今どこのページにいるかわかるようになります。


ブログをこれから作成する人だけじゃなく、ブログは見るだけって人も
これからの説明を読んでおけばブログをもっと便利に見ることができると思いますよ。

ブログを作成する前にサラッと読んでみて、ちょっと慣れてきたら
もう1度このページを見てみるとしっかり理解できると思います。


ブログは2カラムと3カラムがほとんど

「 2カラム?3カラム?なにそれ? 」

ブログには2カラムといわれるサイドバーが1つのタイプと
3カラムといわれるサイドバーが2つのタイプとあります。

タイトルとイメージなど
記事となる
メイン部分
サイド
バー
タイトルとイメージなど
サイド
バー
記事となる
メイン部分
サイド
バー
2カラム 3カラム

ロックのブログおこづかいサイト道中記はどちらも2カラムですね。
3カラムは有名どころで言うとしょこたん☆ぶろぐとかですね。


まぁカスタイマイズすれば2カラムでも3カラムでもないブログにできますが、
ほとんどのブログのテンプレートが2カラムか3カラムになっています。1カラムもありますが。

※テンプレートとはデザインのひな形のこと。

2カラム、3カラム、それぞれの特徴は一長一短ですが、
3カラムはサイドバーが両サイドにあり、
たくさんのリンクやブログパーツ(占いや投票機能など)を表示させることができますが、
その分なんかごちゃごちゃした見づらいページになったりします。

2カラムはその逆だと思ってください。

もちろん2カラムでブログを始めて、後から3カラムに変更することも可能です。


ブログを始めようと思っている人は2カラムか3カラム。どちらにするか決めておきましょう。


ブログは4つのページ構成でできている!

ほとんどのブログが以下の4つのページ構成になっています。
ブログのすべてのページは以下のどれかにあてはまります。
  • TOPページ
  • 個別ページ
  • 月別ページ
  • カテゴリ別ページ

  • ■TOPページ
    TOPページには新着記事が上からならんでいます。
    サイドバーももちろん表示されていますね。
    例⇒眞鍋かをりのここだけの話でのTOPページ


    ■個別ページ
    個別ページには記事が1件と、
    それに対するコメントフォーム、コメントとトラックバックの内容が表示されます。
    コメントやトラックバックの拒否・非表示もできます。
    例⇒眞鍋かをりここだけの話での個別ページ(2005年8月22日の記事)
    (このブログはコメントなしに設定してあります)


    ■月別ページ
    その月に作成した記事をすべて表示するページが月別ページです。
    その月に作成した記事すべてを表示するので縦に長いページになり、
    スクロールバーが短くなります(笑)
    例⇒眞鍋かをりここだけの話での月別ページ(2005年7月)


    ■カテゴリ別ページ
    記事の種類をまとめたページです。
    月別ページみたいに選んだカテゴリの記事をすべて表示します。

    ブログは1つ1つの記事の種類をわけることができます。
    例えばペットのことに関するブログがあるとします。

    見る人にとっては犬にしか興味がない人、猫にしか興味がない人などがいます。
    ということで、犬のことだけが書かれたページ、猫のことだけが書かれたページを
    種類わけしてあると嬉しいですよね。

    カテゴリを作って、記事を作成するときにその記事のカテゴリを設定することができます。

    ・ 犬のページ
    ・ 猫のページ
    ・ 鳥のページ

    という感じでカテゴリをつくり、記事を作成する際にあらかじめその記事を
    カテゴリ分けすることが可能です。

    もちろんカテゴリを設定していないブログもあります。

    困ったときのベタ辞典などのブログはキレイにカテゴリ分けしてあります。
    (左サイドバーの【カテゴリー】の下が各カテゴリ別ページへのリンクで、
    【過去のネタ】の下が月別ページへのリンクです。)





    コメント、トラックバック機能が標準装備

    ブログにはコメントとトラックバックという機能がついています。
    コメント機能のおかげで手軽にブログ運営者と意見を交わすことができます。
    コメントについては特に説明はいらないと思います。


    トラックバックについては「?」ってな感じの人もいると思います。
    というか今だにトラックバックの定義を勘違いしてる人がたくさんいます。
    トラックバックとは(IT用語辞典へのリンク)

    一言で言うと、「お互いの記事をリンクし合うのが簡単になる機能」のことです。

    例で説明すると
    Aさんの「スイーツ取寄せブログ」があり、マンゴープリンを取寄せして
    感想を書いた記事を作成します。

    もう1人Bさんが同じようなブログ、「スイーツ体験ブログ」を書いていて、
    Bさん独自の視点でマンゴープリンの感想を書いた記事を作成します。

    このときBさんはAさんのブログの存在を知っていて、
    Bさんのマンゴープリンの記事の中に
    「Aさんはこのような視点で感想を書いてますよ」などと書き
    Aさんのブログの記事へリンクを張ります。

    Bさんのスイーツブログ
    サイドバー Bさんの感想 + Aさんはこんな視点で感想を・・・
    Bさんのブログの記事の本文でAさんのブログの記事へリンク
    →→→→→
    Aさんのスイーツブログ
    サイド Aさんのマンゴープリンの感想 バー


    そのあとBさんの記事作成部分の下にある、「 トラックバック送信先 」に
    Aさんのブログの記事のトラックバックURLを貼り付けます。

    そして保存ボタンを押し、記事を投稿すると・・・

    トラックバックをAさんのブログの記事に送信し、
    Aさんの記事の下にトラックバックとしてBさんの記事へのリンクが張られるわけです。

    Bさんのスイーツブログ
    サイドバー Bさんの感想 + Aさんはこんな視点で感想を・・・
    Aさんの記事の本文下にトラックバックとしてBさんの記事へのリンク
    ←←←←←
    Aさんのスイーツブログ
    サイド Aさんのマンゴープリンの感想

    トラックバック1件
    Bさんの記事
    バー


    Bさんは記事の本文にAさんの記事へリンクを張り、
    Aさんの記事の下にはトラックバックとしてBさんの記事へリンクが張られるわけですから
    「お互いの記事をリンクし合う」ということになりますね。

    スイーツの感想を知りたい訪問者からすれば、役に立つリンクになるので
    そのブログの評価も高まり、お互いのブログにプラスの効果があります。


    【トラックバックでやってはいけないこと】
    リンクを張らないのにトラックバックを送信してはいけません。相手の方に迷惑です。

    上の例で説明すると、Bさんの感想ページにAさんのページへのリンクを張らずに
    トラックバックを送信し、Aさんのトラックバックからリンクをもらうこと。
    Bさんのスイーツブログ
    サイドバー Bさんの感想だけ
    Aさんの記事だけBさんへのリンク
    ←←←←←
    これじゃあメリットのないAさんは納得できません。
    Aさんのスイーツブログ
    サイド Aさんのマンゴープリンの感想

    トラックバック1件
    Bさんの記事
    バー

    これはAさんから見れば自分だけリンクを張ることになるので、
    トラックバックの本来の使い方と間違っています。

    でもアクセスを増やそうとこういうトラックバックスパムをやる人もいるので
    人気サイトのブログ運営者のほとんどがトラックバックの内容を確認してから
    リンクを許可する設定にしています。



    ・・・と書いてみましたがトラックバックについては理解するのが
    初めての人には時間がかかると思います。まぁトラックバックも慣れですよ(笑)
    ブログに慣れてきたらやってみましょう。


    さぁ、いよいよブログを作成!!

    初めてのFC2ブログ 初級編



    お金は貯まーる!TOPへホームページで貯める




    CGI

    [an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]