お金は貯まーる! お金は貯まーる!TOPオークションで貯める書留の解説



書留の解説


もしものときに補償してくれる書留

書留は配達の際に万一、郵便物が壊れたり、届かなかった場合に、
補償がしてもらえるオプションです。(有料)

オークションでの高額な取り引きには万が一のことを考え書留を利用する手があります。

書留には「 一般書留 」、「 現金書留 」、「 簡易書留 」
の3種類があり、それぞれ特徴があります。

一般書留は最高500万円までの補償があります。貴金属などの貴重品は
一般書留を利用しないと送ることができません。
料金は郵便料金+420円です(補償は10万円まで
10万円を超える場合は、5万円までごとに、20円が加算されます。(500万円まで)
小包(ゆうパックゆうメール(旧 冊子小包)など)の場合は+360円です。


現金書留は現金を送るとき専用の書留です。最高50万円までの補償があります。
料金は郵便料金+420円です(補償は1万円まで
1万円を超える場合は、5000円までごとに、10円が加算されます。(50万円まで)
小包(ゆうパックゆうメール(旧 冊子小包)など)の場合は+360円です。

簡易書留は料金がちょっと安くなり、原則として5万円までの補償制度があります。
料金は郵便料金+300円です(補償は5万円まで


書留の利用には郵便局員さんにお願いする必要があります。
ゆうパックみたいな専用のラベルとかはないので、
送る物に宛先などを書いて持って行き、
「 これ簡易書留でお願いしまーす。 」

とでも言えば料金を計算してくれます。

ポスト投函はできません。


また、書留はすべて特定記録扱い+手渡しになるので郵便追跡ができます。



オークションで高額な取り引きをする人はあまりいないので書留は
利用頻度が少ないかもしれませんが、安心を買うという意味でも知っておきましょう。


関連リンク
日本郵便の郵便料金計算ページはこちら
日本郵便の書留解説ページ


郵便での発送方法いろいろ

手紙・はがき 定形外郵便
冊子小包 第三種郵便
EXPACK(エクスパック) ゆうパック
特定記録 速達
書留 代金引換
着払い 郵便料金一覧表




オークション取り引きの流れ



お金は貯まーる!TOPへオークションで貯める



CGI

[an error occurred while processing this directive]